読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから作る「映画鑑賞スケジュール管理アプリ」

知識0のド素人がスマホアプリを作っていくブログです。

つかいかた

 今回作ろうとしている映画の鑑賞スケジュール管理アプリ。具体的にどんな使い方をするのかのアイディア、その根幹となるコンセプトを書き記しておこうと思う。

 

 

 このアプリの特徴(にしたいこと)として、「作品」を特別扱いしないということが第一にある。

 

 常識的に言って、人は映画を見に行くにあたって、どういった情報経路をたどると考えられるだろうか? まず、見たい映画があって、それから近隣の映画館を調べて、上映時間を確認して...というのが一般的だとは思う(もしくは、映画館にめぐまれない地域であれば、あそこの映画館に行こうというのが先で、その映画館で上映している作品の中から見たいものを選び、最後に上映の時間を確認する、ということもあるが)。

 

ここでの情報獲得のプロセスは、

作品→映画館→上映時間

ということになる。

 

 今ある映画情報アプリ(映画ランド、映画.com など)は、当たり前だが上記のプロセスにはしっかり対応した作りになっている。加えて、映画館→作品→上映時間という情報検索コンテンツも設けられているが、やはりどれも「最近、こんな映画がやってます!」というアピールが強い。「作品」の情報価値が重めだ。

 

 ...そこで。今回自分が作るアプリでは、「作品」、「映画館」、「上映時間」の3要素をすべて等価のものとみなす

 

 はっきり言って、ぼくは、映画の鑑賞スケジュールを管理するためのアプリにはそれほど「作品」の情報を充実させる必要がないと考えている。タイトルとメインビジュアル(ポスター)、それにジャンルタグとひとことふたことの要約ぐらいがあれば十分だと思う。「この映画が話題!」だとか、「この映画がおもしろい!」なんてのは、映画のニュースサイトや個人ブログ、TwitterFacebookといった他所のコンテンツに情報があふれているし、コミュニケーションツールでもないポッと出のスケジュールアプリにそんなものは求められないだろう。下手にSNSと提携したところで、意味のないアプリ内装飾にしかならない。すばやく映画の上映スケジュール情報にアクセスさせるためには、もっと情報(機能)を絞るべきだ。

 

 また、既存の映画アプリは、「上映時間」の要素をわりと軽視している。だいたいが「作品」や「映画館」の後に出てくる情報という位置付けの「上映時間」。

 ...たとえば。そうそうあることではないかもしれないが、外出していてたまたまふと映画が見たくなったという経験はないだろうか? 「今すぐ見れる映画って何があるだろう?」 そういうときの映画の探し方が一番困る。近場にある映画館が少なければそこに行くしかないので迷うことはないが、「近くに複数の映画館があって、今すぐ見れる映画の中からどれを見るかある程度選びたい!」という場合。各映画館のサイトを回って、それぞれの上映作品やタイムスケジュールを自分なりに比較する必要があるが、それはすごく面倒だ。今ある映画アプリはそういった状況に対応していない。調べられないわけではないが、結構な手間がかかる。

 

 ぼくが作ろうとしているアプリは、そんな状況にも対応させたい。「作品」、「映画館」、「上映時間」。この3要素のどこからスタートするかを、ユーザーに一番初めに選ばせるのだ。もちろん、どこから始まったとしても、最終的には「見たい映画を見に行けた」というゴールまで導いてあげなきゃいけない。それをとことんスムーズに、正確に。

 

 このアプリはごくシンプルな作りになると思う。でも、それでいいと思ってる。