ゼロから作る「映画鑑賞スケジュール管理アプリ」

知識0のド素人がスマホアプリを作っていくブログです。

個人で映画アプリの開発!

コンセプト「その人の人生と映画との距離を限りなく近く!」

 映画は大変すばらしい娯楽である。映画には、ドラマ、アクション、恋愛、ホラー、サスペンス、コメディ、エロ、グロ、その他、人生を豊かにするありとあらゆるものを内包する懐の深さがある。そして今や映画は映画館という場に限らず、家庭のテレビは言わずもがな、タブレットスマホなどの個人の携帯端末で視聴することも可能となった。いよいよ最小単位まで切り刻まれたと言えるほど、そのポータブル化が進んだ。

 

 しかし。映画館がなくならないのはなぜか?  それは映画がいつの時代にあっても、ある物語や情景を「体感すること」を志向してきたからだと思う。「物語」を乗せる娯楽として、映画が多媒体の娯楽と一線を画しているのは、まさにその点に尽きるんじゃないか。どデカイスクリーンの、音響設備も整った映画館で観る映画というのは、やっぱり特別で格別のものだ。とはいえ、小説や絵本、漫画、テレビ、ゲーム、演劇などが劣っているなどと言いたいわけじゃない。映画は映像と音でもって、われわれに迫ってくる。「臨場感」という点でいえば演劇には到底敵わないが、物理的な制約からくる「バリエーション(単純に文化的人口、上演スペース、美術や役者等の物的人的コスト、上演数、チケット料金、広報難易度、その他さまざまな要素からくる作品数の限界。そして映画のように同時に複数の場所で公演することができない)」において、映画は演劇に優っている。

 

 …とまあ、何が一番言いたいのかというと。

 

「もっと多くの人に映画館で映画を観てもらいたい!」

っていうこと。


 そのためのハードルを極力低くしたい。映画鑑賞料金を下げたり、映画館の数を増やしたりすることは、正直いって個人の力じゃむずかしい。が、そういった直接的な施策とは別なやりかたで、人生と映画(≒映画館の映画)をシームレスにすることはできる。映画館にアクセスするためのストレスや難易度をなるたけ下げるためのアプリ。それをこれから作っていきたい。

 

…とまあ、一番の動機としては、そういう理想の映画アプリがないから自分で作ってしまおう!  ということなんだけれども。

 


以後、よろしくお願いします。