読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゼロから作る「映画鑑賞スケジュール管理アプリ」

知識0のド素人がスマホアプリを作っていくブログです。

雑記

メディアやジャンルはあくまで表現の器だということ。 その中に自分の「何か」を注ぎ込むということ。 メディアやジャンルは目的ではなく、手段であるということ。 そしてここでいう手段は、強い記号的性質を持つ。

「キャラクター」が知られているということ

とあるキャラクターの機能を語るときに、「シルエットだけでそのキャラクターだとわかるのがすごい」と言われるようなことがある。この物言いは往々にして、単なるシルエットがある特定のキャラクターだとすぐさま同定できるという、想像することの容易さの…

意伝子?

シミュラークルとは何か。はてなキーワードによると、「オリジナルなきコピーのこと」をシミュラークルであると言うらしい。正直なところ、これでは洗練されすぎていてまったく意味がわからない。 そもそもオリジナルとはどの時点の何を指すのか。大量生産を…

範疇化

集合Aと集合Bがどちらも、それより上位の共通した集合に内包された集合だという仮定において。 集合Aと集合Bが互いに相違すると言っても、それは集合Aと集合Bがまったく同じ要素で構成されてはいないという意味にすぎず、集合Aと集合Bは多くの要素を…

カタログ

用意された任意。

「抽象化する」ということ

古代ギリシアの哲学者、プラトンが提唱したイデア論について。 イデア論においては、世界のすべての物事にはイデアという志向すべき目標・基準があって、そこに収斂するよう様々な事物や事象が象られんとされる。が、実際のところ、これでは意味の発生する順…

作品づくりについて、観念的な話

イメージを形にするためには大変な労力がいる。思いついたイメージの総体としてコンセプトがあり、作品に見応えを与えるためそこにアイデアを肉付けする。やりたいことが散り散りになっているのは見苦しい。そこでひとつの指針、一貫したコンセプトが必要に…